スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

許すということ

許すということ
時に多大な努力が必要となり、
時に多くの時間を要するもの

でも果たしてほんとうにそうなのか
許すという行為は必要なのか
人は誰かに許されなければならないのか
人は誰かを罰することができるのか
「許す」ということばには
人ゆえの傲慢さと、人を見下す狭量な心が内在することがある

誰も人のことを、許すことも罰することもできない
真の意味では
(法の下の罰とは違う)

許すこと、罰すること
それは自分が自分に行うこと
自分の罪を自分で罰し自分で許す、認める
その一連の行動こそが人の心を動かす

たとえ他人に許されようと
自分自身が自分のことを許していなければ
本当の意味での許しはありえない

人に許されることで心が軽くなる
それは違う意味のもの
人に許されることで得るものは
自分の行動を肯定されたという安心と
人から憎まれているという圧力からの解放

そして人を許すということは
束縛からの解放、怒りからの解放
がんじがらめにされていたものが、ほぐれた時の爽快感
人を憎むことのストレスからの解放

そこには別の意味があるのだ
だからこそ、真に許すということとは違うものである
人には人を罰することはできないのだから

確かに違う意味の「許し」は
人が生きていくうえで必要なのかもしれない
それは人の心を救う
しかし、真の許しは、自分の中で自分自身で行うもの
自らの罪と罰を認め受け入れる
そうして初めて人は「許される」のである


アクセスランキング参加中です
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 癒し・ヒーリングへ
にほんブログ村


関連記事
プロフィール

心とからだを癒すスピリチュアルセラピスト ひかり

Author:心とからだを癒すスピリチュアルセラピスト ひかり
心とからだを癒すスピリチュアルセラピスト。新宿区の個人サロン「ヒーリング&アロマ ヒカリ∞☆」です。チャネリング・天と地とアロマのヒーリングをしています。
メールでの個別チャネリングもうけたまります。

ヒカリ∞☆ホームページ
ヒカリ∞☆ブログ

最新記事
カテゴリ
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。