スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

家の中のエネルギー

家の中を美しく保つことは
家のエネルギーをクリーンに保つということだ

雑然とした部屋には雑然としたエネルギーが
整頓された部屋にはクリアなエネルギーが
好むと好まざるとに関わらず
そういう部屋になる

どちらが良いというわけではない
雑然とした中で過ごすことに慣れ
そこで思考することも苦にならない者もいるだろう
しかし、クリアな中で過ごすことで
自分の中もクリアにしていく者もいる
その人次第だ

しかし、あまりに混沌とした中にいるならば
余計なエネルギーがあふれすぎ
気の収まらない部屋となるだろう
それは疲れを呼ぶ

あなたが心も体も健康で過ごしたいのならば
やはり、ある程度整えられたエネルギーを持つ部屋が望ましいだろう
それは物理的にも健康に良い部屋となる
ようは、あなたがそこにいて
気持ちが良いかどうか
気持ちが静まり落ち着くかどうか
心の底からそう感じられるかどうか
単純に、そんな視点から見てみるといいだろう
スポンサーサイト

何かを成し遂げたい

何かに自分をささげたい
ささげたい、というのは語弊があるかもしれないが
何かに熱中し
寝食も忘れて、それに没頭したい
情熱を捧げたい
と思うことは誰しもが経験することだろう

何かをしたい
何かを成し遂げたい
その気持ちは自然なことだ

自分を表現し、自らの存在を確認する
自分の力を使ってやり遂げることで
自分を信じ、自分がここに在ることを知る
人はいつも、自らの力を使い
自分の存在を肯定したがっている

自らを肯定すること
自分がここにいてもいい、と自分が確認すること
それは常に行われ、人に生きる力を与えてくれる
自らを過小評価する者は
自分の存在さえも認めようとしない

人が生きていくために
周りよりも、まず自分が自分を受け止め
認めることが大切だ
自分自身が自分のことをみつめ認めていれば
土台は揺るがない
だからこそ大切なのだ

本来ならば
何かに熱中し成し遂げなくとも
自らの存在はそこにあり土台も揺らがない

けれど人は熱を求める

そこには自分の生を燃やし
生きた証を作りたい、と思う心もあるのだろう

人が生きた証など必要ないのだが
生きること、そのものが証
何かに熱中しようとしまいと
成し遂げようと、何かを残さずとも
人は生きることで生きた証をそこに残す

(だから)あせらずにいきなさい
必死になりすぎずに
常に周りを見回す余裕を持ちながら
必死になって
やってみるといい
あなたがそれを必要とするならば

自分を認めるためにでも
生きた証としてでも
あなたが必要と思うものをやってみるといい
それは誰もが自由に選択できること
そこに得る何かはあなたの心次第だ

負の感情

あなたの気持ちを見つめてください
特に負の感情

なぜ、あなたはそう思うのか
何が原因なのか
何が受け入れられないのか
どういう気持ちなのか

負の感情に振り回される時こそ
負の感情の源をみつめてみましょう

何となくではなく、なぜそう感じたのか
その感情に名前をつけるなら、どんな感情なのか

そうして整理すると
自分の嫌な部分は確かに見えてくるけれど
よくわからない感情が
いったいなぜ起こったのか理解することで
とても気持ちが落ち着くはずです

もちろん、それで負の感情が消えるわけではありません
けれど、整理され、理解できた感情は
よくわからないまま自分を振り回したりしません
とても楽になります

この感情に名前をつけるなら
そう考えるだけで心が整理できて
少し楽に感じられるはずです

そうすれば次にどうしたらいいのか
そんなことを考える余裕も
きっとうまれてくるでしょう
プロフィール

心とからだを癒すスピリチュアルセラピスト ひかり

Author:心とからだを癒すスピリチュアルセラピスト ひかり
心とからだを癒すスピリチュアルセラピスト。新宿区の個人サロン「ヒーリング&アロマ ヒカリ∞☆」です。チャネリング・天と地とアロマのヒーリングをしています。
メールでの個別チャネリングもうけたまります。

ヒカリ∞☆ホームページ
ヒカリ∞☆ブログ

最新記事
カテゴリ
カレンダー
10 | 2016/11 | 12
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。