スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

不安な時に

気分が落ち込むこと
暗く、明日に不安しか見えないこと
何もかもが嫌になって、逃げ出したくなること
そんな時はいつだってやってくる

どんなに元気でも
どんなに前向きに頑張っていても
ふとしたきっかけで
足元が崩れ落ちていくような
そんな恐怖を感じることだってある
それは仕方のないことだ

人は生きる上で
楽しさや幸せな気持ちだけでなく
苦しさや悲しみも得る
その揺れ動きこそが人の感情

何もない平坦な道を歩くように
感情もまた何もない
そんなことはない

例えば何かをみて
何も心を動かされないとして
自分に感情がないと思うのは間違いだ
心を動かされない
それもまたあなたの感情
ただ揺れ動く幅が狭いだけで
人にであって感じること
何かを体験して感じること
感じることこそがあなたの感情である

人は体と心で全てを感じる
心は揺れ動くためにある
良いこと悪いこと、楽しいこと悲しいこと
ひとつひとつを感じ
自分の中に取り込み心を育てる
そのために人は心で感じ、揺れ動く

落ち込むことも、不安になることも
すべてはあなたの心の中に取り込んで
あなたの心を存分に動かしなさい

揺れて揺れて、落ち着いたなら
次に、心のためではなく
あなたの理性で
不安を取り去るため何をすればいいのか
考えればいい
それからで十分だ

揺れ動く心は
順序だてて考えるには向かない
感情を取り込み心を育てたら
次はやるべきことをする
不安ならなおさら
感情と行動を切り離してみよう
心が揺れ動くことは必要であり
仕方のないことだけれど
それと、どう動くかは別なのだ


今、不安でしかたありませんね?
心が落ち着いたら次のことを考えましょう?
それからで十分間に合います
スポンサーサイト

自分の居場所

人は自らがどこにいるか
どこに向かっているかを
考える時がある
人との関係、自分の立ち位置、自分の役割

しかし、それはどれほどのものでもない
自分の居場所も
自分の仕事や役割も
それは時にとても大切に見えるが
その実それほどではない

自分の居場所、役割
すべては他の人の目から見た自分である
自分の居場所
今いる場所が居場所ではないか

ここに自分の居場所はない
そう思うときもあるかもしれない
しかし、それは他者からみた自分
他者の意識、感覚、それらを感じているだけ
本来ならば、自分のいるべき場所は自分で決めるもの
他人がどうこういうことではない

だが、他者の負のエネルギーを受けることはすすめられない
だから、そこを去ることもまた、自分の選択

本来人は、自由に自分のいるところを決めていいはず
たとえそれが、自分のためにはならないとしても
選ぶことは自由である
自分の役割もまた、自分のしたいことをするのみ
自分のできることをするのみ
役割など人から割り振られただけのこと
あなたがそれを選び、行うことは自由である
しかし、選ばない自由もある

自分の居場所も、自分の役割も
自分が選択して決めること
悩むことではない
その時やりたいことを選べばいい
その時自分が選びたいものを選べばいい
正しく選べたなら、物事はスムーズに動き出す
正しくなくとも、それなりに動き出す

間違えたなら選びなおせばいい
自分がやりたいこと、できることを見誤ったなら変えればいい
やり直しはいつでもできる

あなたの居場所、役割
作るものではない
あなたが今いるそこが、あなたのいるところ

そこにいる
それこそが一番たいせつなことなのだ

人との距離

人と人との距離というものは
それぞれの心持次第でいかようにも変えられる
近くに行きたいと思うなら近くにいけばいいし
離れたいと思うなら離れればいい
それは、その人個人の意識で変わる

近づきたいと思って近づいたものの
すっかり疲れてしまって離れて去っていく
よくあることだ
これはなぜおきるのだろう

多くは距離を間違えたもの
人と人との距離
近づくことも距離をとることも自由自在だが
互いに心地よい距離というものがある
それに気づかず近づきすぎれば
傷ついたり嫌になったり、不具合がでてくる
遠すぎれば寂しさや悲しさがでてくる

互いに気持ちよくいれる距離
お互いが心地よく
愛と感謝をもって
良い関係を続けられる距離
それは人によって違う
相手によっても違う
確かに言えることは
その距離がいつも一定とは限らないということだ

同じ人間同士であっても
その時その時で心地よく感じる距離は変わる
互いの距離感が違う時さえもある
けれど、相手を思いやり、みつめ、気遣うこころがあれば
変化する距離に対応することもできる

あなたが今気になる相手と、あなたとの距離は?
近づいていいものなのか
どこにいればいいのか
それは自分で探っていくしかない

自分の心と相手の気持ち
考え、感じながらさぐっていく
そうして、より良い距離を見つける
なんて面倒で、なんて楽しいことか!
人と人との付き合いは、予測もつかない流れがあり
それだからこそ面白い
自分の好む距離と付き合い方を
ゆっくりと楽しみながら探していくといい

過去にあるもの
未来にあるもの
それは、今もそこにある

時は流れるものではない
すべては重なり合い、同時にある
よくできたパズルのように
張り巡らされた糸のように
人と人
人と事象
すべてはそれぞれの生のために
多くのつながりがある

一見関係のない事柄も
俯瞰してみればつながりがあり
気づかぬうちに物事がすすむ
ひとつの問題は
ひとつだけの問題ではなく
たいていの場合
重なり合ったどこかにつながっている

それに人が気づくことはなかなかないが
だからこそ
目の前のたったひとつのことにとらわれるのではなく
広く、深く、広げてみるように

目の前だけで解決しなかったものも
変わっていくかもしれない

時は今も過ぎているが
変わらずにそこにある
過去も未来も現在も、そこにある
その意識を
心の片隅にでも持ち続けてみるといいだろう

自分のために

あなたはなぜ「それ」をしているのか
そこに理由をつけたがる時もあるだろう
けれど理由など必要ない
そこにあなたがやりたいことがあり
そこにあなたができることがある
ただそれだけでいいのです

誰かの役に立ちたいとか
人のために何かできたらとか
そんな理由はいらない
なぜなら行動の多くは
つきつめれば自分のためなのだから

自分ができるから
自分がやりたいから
やってみて結果として人のためになる
誰かの助けになる
頼られれば嬉しいし
誰かが助かるならどれまもた嬉しい
だから嬉しくて、また意欲がわいてくる
ただそれだけなのです

誰かの為にしてあげたい
その気持ちは一見尊いけれど諸刃の剣となる
誰かの為にを否定する必要はないが
それに偏ることは
影に隠された自分の心を見失うことにもなりかねない

人の行動の源はいたってシンプル
シンプルであったほうがわかりやすいし、流れも良い
自分が楽しいから
自分がやりたいから
自分ができることだから
それでよい

プロフィール

心とからだを癒すスピリチュアルセラピスト ひかり

Author:心とからだを癒すスピリチュアルセラピスト ひかり
心とからだを癒すスピリチュアルセラピスト。新宿区の個人サロン「ヒーリング&アロマ ヒカリ∞☆」です。チャネリング・天と地とアロマのヒーリングをしています。
メールでの個別チャネリングもうけたまります。

ヒカリ∞☆ホームページ
ヒカリ∞☆ブログ

最新記事
カテゴリ
カレンダー
08 | 2016/09 | 10
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。